活動報告ブログ一覧

2017.03.20

H29.02.26 京都洛東青龍ウオーク

 2017.02.26 京都洛東青龍ウオーク 晴れ 参加人数 237名
 昨日に続き、今日の京都は快晴です。京都御苑の中立売休憩所前の広場に集合しました。昨日の梅花祭ウオークの逆コースをたどって、荒神橋まで。荒神橋を渡り冷泉通りを進み岡崎公園でトイレ休憩をとりました。京都市立動物園の北側を東に進み、南禅寺の三門前を通りました。三門の天井には龍の絵が描いてあります。インクラインを過ぎて、山県有朋の別荘「無鄰菴」や朝がゆで有名な瓢亭の横を通り、三条通を渡り白川に沿ってあるき、スリル満点の行者橋を渡りました。場外馬券売り場に向かう人たちでにぎわう花見小路を通り、建仁寺境内を通り抜けました。建仁寺の法堂の天井の小泉淳作の双龍図も有名です。清水坂を登り、八坂の塔の前を左に曲がって、高台寺公園に着き、昼食休憩を取りました。
 昼食後、出発前にKWA語り部から、今日のウオークの意味などの説明がありました。京都の四方を守る4神が、北(玄武)、東(青龍)、南(朱雀)、西(白虎)であり、今日のウオークは東の青龍を巡り、南禅寺、建仁寺、東福寺をそれぞれの天井に龍の絵がかいてあります。南禅寺の三門は石川五右衛門が「絶景かな!」と言ったと言われていますが、実は三門が完成した時には、五右衛門はすでに没していたという興味深い話を聞きました。
 午後の出発後、清水寺境内の結構きつい坂をアップダウンしました。平成の修理のために、足場が組まれた清水の舞台を後に、国道1号線の下をくぐり、京都一周トレイルに合流して、山道で大いに汗をかきました。京都トレイルとお別れをして、東福寺に到着しました。東福寺本堂の天井にも堂本印象策の龍図が書かれています。トイレ休憩をした後、九条通りを西に進み、JR京都駅八条口にゴールしました。お疲れ様でした。

京都御苑中立売休憩所前で出発式

荒神橋を渡り鴨川河川敷を南に進みます

南禅寺三門前を通過します

白川に架かる行者橋を渡ります

建仁寺を通り抜けます

昼食後、KWA語り部から洛東青龍ウオークについて説明

観光客で賑わく清水寺を過ぎます

京都一周トレイルで大いに汗をかきました

緊張の山道がやっと終わりました

東福寺前で列詰め休憩をして、ゴールへ

2017.03.20

H29.03.18 地下鉄発京都エリアウオーク<ぐるっと山科>

 2017.03.18 地下鉄発 京都エリアウオーク <ぐるっと山科> 晴れ 参加人数 264名
快晴の山科安朱小学校グラウンドに、多くのウオーカーが集まりました。出発式で京都市交通局の中西課長さまから、歓迎のあいさつを頂き、スタートしました。安朱小学校から、浅野内匠頭長矩公の墓と、赤穂浪士46名の遺髪を納めた塔のある「瑞光院」を訪れたあと、急な石段を登り「毘沙門堂門跡」にお参りしました。安祥寺川から山科疎水を進み、天智天皇陵前で列詰め休憩を取りました。日差しが温かくて、汗がにじみ出てきました。三条通を渡り、旧三条通りを西に進み、花山法皇ゆかりの元慶寺に参り、民家の間の道を南に下り、国道一号線に沿って西に進み、歩道橋を渡り、新幹線の上を横切り南に。「コトブキ陶春」という清水焼の見学ができるところで、トイレ休憩を取りました。さらに南に進んで、新十条通の交差点を渡って、大石神社に着きました。大石神社の境内を突き抜けて、隣の岩屋寺境内の広場で、昼食休憩としました。
昼食休憩後、再び大石神社に戻って、神社の神職の女性から大石神社に関するお話を聞きました。大石神社を後に、旧安祥寺川を下り、風呂尻児童公園で休憩し、東に進んで、梅が咲き始めた小野小町ゆかりの随心院境内をぐるっと一回りしました。さらに進んで醍醐天皇後山科陵を経て朱雀天皇醍醐陵と進み、醍醐寺仁王門前から三宝院前を通り、西に進んで折戸公園にゴールしました。折戸公園では、「京炎そでふれ」の学生さんが元気な演舞で迎えてくれました。

交通局からの歓迎の挨拶

赤穂浪士ゆかりの瑞光院

毘沙門堂への急な石段を登ります

水のない山科疎水に沿って

コトブキ陶春で休憩

岩屋寺の境内で昼食

大石神社で説明を聞く

小野小町ゆかりの隋心院。梅が咲き始めていました。

醍醐寺三宝院仁王門前を行く

ゴールで、ドリンクと抽選会がありました。

京炎そでふれの学生さんが迎えてくれました

最後にスタッフみんなで、ハイチーズ!

2017.03.15

H29.3.6 せっかくウオーク

 2017-03-06 せっかくウオーク 曇り 138名

曇り空の下、京都ツーデーの最終日、せっかくウオークに138名のウオーカーが参集。JR宇治駅をスタートして、宇治橋を渡り、宇治10帖の「東屋」の古跡から、「椎本」「手習」と順番に巡っていく。宇治川に沿って歩き、朝霧橋のモニュメントでKWA語り部が宇治十帖の説明をする。そのあと宇治神社から早蕨の古跡を過ぎ世界文化遺産の宇上神社に参り、総角の古跡からいよいよ大吉山へ登る。ゆるやかな九十九折の山道を登り展望台で休憩。凸凹の山道を注意しながら下り興正寺で休憩。琴坂を下り天ヶ瀬吊橋の手前の広場で昼食休憩。午後は吊橋を渡り左岸を下り、観光センターで休憩。「橋姫神社」から宇治橋のたもとの「夢浮橋」で

、再び語り部の説明を聞きゴール解散した。 
    
   

語り部が説く

宇治上神社にて

宇治川に架かる吊り橋

橋姫神社を詣でる

2017.03.15

H29.03.16 平日W「ちょっと早めのお花見(桜)ウオーク

 2017.03.16 平日ウオーク「ちょっと早めのお花見(桜)ウオーク 晴れ 参加人数 247名

 ちょっと肌寒い快晴の中、平日にもかかわらず、247名のウオーカーがJR・長岡京駅に集いました。
冷たい風に震えながらストレッチ体操をして出発。ガラシャ通りを天王山の戦いの舞台であった勝竜寺城公園に向かいました。
その後、小畑川沿いから落合橋を左折しサントリー通りを東に向かい、宮前橋を渡ると遠く雪を頂く蓬莱山が望まれました。
納所交差点を右折して、淀城後公園に到着し、KWA語り部から淀城にまつわるお話を聞きました。一休みの後、
京阪本線の高架下沿いに進み淀水路に到着。水路に沿って咲く満開の河津桜に一瞬に春を感じ、寒さも吹っ飛びました。
ひととき、心を癒した後、美豆城跡を通り淀川御幸橋を渡り、背割堤に到着して昼食休憩を取りました。
昼食後、まだ固いつぼみの250本の桜並木の下をてくてく歩き、木津川御幸橋を渡って、八幡市に入り、
大谷川の遊歩道から、さざなみ公園を経て、京阪・八幡市駅に無事ゴールしました。
満開の河津桜が強く心に残ったウオークでした。

出発前のストレッチ体操

勝竜寺城公園で一服

淀城跡公園で語り部のお話を聞く

淀水路に至り、満開の河津桜に一瞬に春を感じました。

満開の河津桜の下を行く

ウオーカーの皆さん、満足そうです。

まだ蕾も堅い背割提を歩く

京阪・八幡市駅に無事ゴール

2017.03.14

2017年3月5日(日) 第8回京都ツーデーW(2日目)

 201735日(日) 第8回京都ツーデーW(2日目)  晴れ 参加:2879名  

大会2日目も、絶好のウオーク日和となり、ステージでは、近畿マーチリング協会の表彰式が行われました。京都副市長の挨拶があり、未来ウオーク、加古川ウオークの幟にも見送られ出発しました。 

新コースの10:20:30㌔の京都アスニーのチエックポイントでは大変な行列が出来ていました。丸太町道リを西へ~妙心寺の大きな看板に驚きつつ右折し妙心寺の境内を通り抜け、仁和寺、大覚寺、嵯峨野を進み嵐山へ~メインの天龍寺の前を通り渡月橋まで観光客で歩くのも難しい状態でした。中之島公園ではホットひと息、昼食をされていました。30㌔の嵐山チエックを過ぎ一路西京極のアクアリーナ、最後のチエックポイントへ。水、お茶を補給し、疲れも感じず梅小路公園のゴールに向かって行きました。

ゴール後にはお楽しみ抽選、食品テントでの喫食、中央ステージでの歓迎イベントを楽しんでおられました。

藤田副市長のご挨拶

藤野体育協会副会長のご挨拶

激を飛ばして出発

出発点でドリンクお渡し

京都アスニーでのチェックポイント

妙心寺前を行く

渡月橋を背に

アクアリーナチェックポイントにて

3Bジュニア教室の演舞

「おどりっつ」の演舞

「ボーマイカイフラ」のフラ演舞

「雅ジャズオーケストラ」の演奏

  1 / 39  次のページへ

最終更新日:2017/03/11
(発足:2007/01/01)

年間スケジュール

活動報告ブログ

協会のご案内

NPO法人 京都府ウオーキング協会

  • TEL:075-353-6464
  • FAX:075-352-4600

メールはこちらへ

著作権について

特記無きコンテンツの著作権は、NPO法人 京都府ウオーキング協会に属します。

検索

ページの先頭へ